遺言・相続のことならお任せください

人は例外なく死を迎えます。人の死により「相続」が開始するのです。

 故人の遺産をめぐり、それまで仲の良かった兄弟・姉妹が骨肉の争いを起こし

 裁判沙汰にまで発展し、まるで他人のようになってしまうことも珍しくありません。

 遺族はもちろん故人にとってもこんな不幸なことはありません。

 「相続」「争族」としないためにも専門家に相談するのが最良と思います。

なお、故人が生前に遺言書を書き残しておくのも効果的な方法となるでしょう。

また、遺言書は法律の定める方式によらなければ無効となりますので、注意が必要です。

 当事務所では遺産分割協議書の他「遺言書起案」も作らせて頂きます。

 まれに、「何からどうすれば?」って方もおられますが、そんな時にもお気軽にご相談ください。

 


ご相談はこちら→


 
行政書士について 業務案内 事務所案内 リンク 簡易相談室